FC2ブログ
放課後ちまちまレザークラフト同好会!?
気の向くままに革中心の記事をあげていきたいと思い立ちました。
【メモ帳カバー】百円ショップのカバーだけど、RHODIAもいける!
お久しぶり過ぎますが、まだまだレザークラフトはやっております、バナナチップです。
前回からずいぶんと時間が経ちました。
その間にも色々と作っていたんですが、ついつい写真を撮るのを忘れたりとブログのネタ取りを忘れていたという点;

とりあえず、久々に写真なども忘れずに取りつつ、完成したものがありますので、さらしてみたいと思います。

今回はメモ帳のカバーということです、はい。
実はバナナチップ、よくメモを取ります。
漬かっているメモ帳はダイソーという百円ショップで売られていたものなんですが、これがあのフランス製の有名なメモ帳によく似ているという。
でも、バナナチップ的には、この百均のはメイドインジャパンな上に、方眼の色がきつくないので、こちらを使用していたりもします。
大きさや構造はよく似ていて、今回作ったカバーはRHODIAにも使えるというものに仕上がりました。

RHODIAのカバーというのは割と色々なメーカーから販売されています。
構造自体もそれほど難しくありません。
そんなわけで、簡易CADでちゃちゃっと図面を引いて、ちゃちゃっと作りました。

02.jpg
表側はこうです。
04.jpg
材料はたぶん、タンローです。
厚さは0.8ミリのものだけを組み合わせて作りました。

メモ帳をセットします。
06.jpg
実は簡単なミシンを買いまして、今回はそれで縫いました。
業務用でもなんでもない普通の家庭用ですが、この厚さでもなんとかいけます。
ですが、バナナチップ、まだミシンには慣れないせいか、色々とガタガタになったりしています。
012.jpg
でも、基本、失敗部分以外は綺麗に縫えます。
014.jpg

皮の厚さがそんなにないためか、軽いです。
少しペナペナしていますが、使用上は何の問題もなし。
ちなみにペンを差すとこうなります。
08.jpg010.jpg

ペンはゼブラのクリポンこと、クリップオン。
止めの部分がクリップ式になっており、ホルダーからの取り外しが容易な一品です。

今回はとりあえずは詰め込みたい機能は全部詰め込めました。
しかし、反省するべき点は、やはり縫い目です。
ミシンになれないということもありますが、よくよく見ると、やはり縫い目が曲がっていたりします。
確かにミシンは楽です。
しかし、なんか融通が利かないというか、単にバナナチップが慣れないだけかも知れませんが、手縫いの方が綺麗に行くような気も…。

ここは思い切ってミシンから撤退するのもありかなとも思います。



















スポンサーサイト



【名刺入れ】スタンピングに挑戦しました。
さてさて、久しぶりの更新です。
そして、これまた久しぶりなんですが"名刺入れ"を製作しました。

この頃、革包丁を手に入れたので、革の縁の部分を漉いて、折り返しにもチャレンジ。
色々と新しいことを試してみたのです。

IMG_0213_convert_20110716093953.jpgIMG_0219_convert_20110716094027.jpg

多少歪んだり、やはりまだスタンピングという作業自体の慣れも相成ってか、どことなくつたないものが…。
そのあたりはまだ、練習あるのみです。
あとなんだかカードを入れて見てもキチキチで余裕がない。
今度はもう少し、クリアランスをとって製作したいと感じました。
※特に閉めたときにそれを感じるので、外側の長さを五ミリほど延長してもいいかも。

今回使ったのはハーマンオークレザーの2.0ミリと裏地は羊皮の0.3ミリです。
ハーマンオークは前回作ったノートカバーの余りでした。
↑ちょこっと残ってた。

それにしてもヘリ漉きとスタンピングは楽しいので、またこんど何かにチャレンジしたいです。



【A5ノートカバー】エトランジェディコスタリカを包め!
さてさて、そろそろ札幌も路面が見えてきました。
しかしながら、まだまだ寒いです。
菱目を握る手もかじかみますが、今回はそれにもめげず、ノートカバー。
前回もそうですが、他人から頼まれたものを含めて、このごろはノートカバーばかりを作っています。

今回はA5ノートカバーです。
なぜに、A5なのかと申しますと、バナナチップが愛用しようとしているノートがA5でした。
エトランジェディコスタリカというメーカーの品物らしいです。
まだ書き込んでいないので、インクの裏抜け云々は解りませんが、ノートの開き具合は良いです。
しかし、表紙がちょっと地味な上に折れやすそうなので、保護の意味合いも含めてカバーを作りました。

今回の革はハーマンオークレザーを使用。
Pocketやペンホルダーなどの機能などは一切付けず、シンプルなデザインとしました。

IMG_1752.jpgIMG_1759.jpg

今はまだ綺麗なベージュですが、時間経過で飴色になることを期待。

IMG_1761.jpgIMG_1766.jpgIMG_1768.jpg

うーん。ぴったり。
寸法辺りはだいぶこなれてきたかなーと思います。
ちなみに裏地は合皮。
↑前に買ったヤツがだいぶまだあまっている…;;

今度はB5サイズのノートをすっぽりと包めるヤツを作りたいですな。


追伸:etranger_di_costaricaのre-collectionはA5ではなくて、B6でした。





【野帳&RHODIAカバー】理想のカバー
さてさて今回はカバーを作りました。
バナナチップは良くメモを取るんです。
今まではダイソーで売っているメモ帳を使っていました。
あとはコクヨから出ているA6ノートのカバーです。

しかしながら、二つ持って歩くのはさすがに色々と問題がある。
内容によってノートとメモを使い分けるのもあれです。
持って歩くのもかさばる。
そんなわけで二つの機能をなんとか集約できないだろうかと考えました。

そこでこんなのを作りました。

IMG_1725.jpg

材料は栃木レザーです。
裏地には合皮を使いました。

今まではA6ノートでした。
しかしさすがにA6ノートでは幅があるので別のものにしました。
左側に刺さっているのは測量野帳です。
sketch_BOOKとも言います。
コクヨ製で表紙が硬いのと開きやすいのが特徴です。

さてこの野帳と右側にはRHODIAサイズのメモ帳が入るようになっています。
あと付箋もストックできるので、ぺぺっと貼り付けられます。

まあ、一時的なメモや他人に渡すメモはRHODIAで書いて、大事なことは野帳に。
そんな使い方を想定して作りました。
失敗したのはペンホルダーの革の厚みがありすぎました。
中々ペンが抜きづらいので、次にペンホルダーを作るときには改善したいと思います。

IMG_1750.jpg


追伸:ペンはOHTO製の3色+シャープペンです。







テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【書籍】レザークラフト vol.3
前回にも書きましたが、家にレザークラフト関係の本が一冊だけ。
しかもかなり初歩的な内容なので、思い切ってもう一冊購入しました。

書店で内容を確認して、一番気に入ったものを選んでみました。
…それにしてもレザー関係の書籍のコーナーは狭いし、狭いので冊数が少ない。

それで選んだのが"レザークラフト vol.3"というタイトル。
実用品の作り方が掲載されていて、実に刺激になりました。
いつかはこんなの作ってみたいです。






テーマ:手芸本 - ジャンル:本・雑誌

copyright © 2019 放課後ちまちまレザークラフト同好会!? all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.